効果的簡単ダイエット

効果的で簡単なダイエット方法を紹介します

ヒップアップ筋トレ!立ったままできる簡単ストレッチ

   

立っている時どこでもできる簡単ストレッチ

駅のホームや電車の中で誰にも気づかれずにできるストレッチ。

お尻の筋肉を引き締めてヒップアップ。

太り過ぎでヒザを痛めている人も、ヒザの筋力をアップさせるので試してください。

日頃の運動不足も解消できます。

ヒップアップストレッチ方法

  • 立った状態で、片足を20~30㎝後ろに引いてください
  • 後ろに引いた方のお尻に力を入れます
  • 30秒はそのままで左右両足交互にストレッチ

立った状態で、右足を左足のかかとと同じラインまで後ろに引きます。

右足のかかとが少し上がった状態で、右のお尻に力を入れてください。

お尻に力を入れる事で、腰やヒザの筋肉も引き締めている状態になると思います。

その状態を保つ時間に制限は特にありませんが、長めにポーズを保つ事で筋力が付きやすくなります。

右足と左足を均等に交互に行って下さい。


アレンジでお腹と背中も

ヒップアップストレッチの状態で、背筋を伸ばし両手を後ろにまわしお尻の所でつなぎます。

お腹を引っ込めるような気持ちで力を入れてください。

お腹と背中の筋肉が固くなったと思います。

 

そのまま後ろでつないだ状態の手を上に持ち上げていくと、かなり効き目のあるストレッチができます。

無理のない程度の高さまで上げてみてください。

こんな時ヒップアップストレッチ

  • 歯磨きしてる時
  • 電車のホームで
  • コピーしてる時
  • 料理の時

立っているだけの状態の時なら、どんな時でもできちゃいます。

太り過ぎりの人

このヒップアップストレッチは、太り過ぎの人が最初に行うストレッチとして最適です。

太り過ぎが運動不足を招いているため、ヒザや腰の筋力が衰え痛みが出たり体の重さが負担になっていると思います。

体の重みが骨や関節の負担になった状態で、激しい運動をするのは危険です。

まずはひざや腰に必要な筋力を付けるために、ヒップアップストレッチが負担なく始められるのでおススメです。

大柄な人は、筋力を付けながら食事制限で体重を落としていくのが良いでしょう。

激しい運動や筋トレは、筋力が付き体重が少し減ってから初めて下さい。

やり過ぎると筋肉痛になる

このヒップアップストレッチはやり過ぎると筋肉痛になります。

やり方が簡単なため、始めるとついつい頻繁にやってしまいますが、意外と効き目があります。

日頃運動不足の人は特に筋肉痛を起こしやすいです。

 

筋肉痛は起こすと筋肉がついてしまうため、『痩せる』のが目的なら筋肉痛にならないようほどほどに。

『筋肉をつける』のが目的の人は、いくらでも行ってください。


 

 - 筋トレ , ,